脂質の取り過ぎも肌に良くない様です

肌が脂っぽく気にされている方が良く使われているあぶらとり紙。これを使い過ぎで余計に肌の脂質が分泌されてしまって結果肌荒れを起こしてしまったり、逆に乾燥肌になってしまったりもする様なので気を付けた方が良いみたいです。肌に分泌している脂は肌を守ってくれる性質を持っていますので、肌のテカリなど気にしすぎて余計に取ってしまう事は避けた方が無難かと思います。

肌の角質を痛めたりもしますので、使い方には十分に注意が必要となって来ます。あぶらとり紙の上手な使い方の一つに、押し付けて脂を拭き取る感覚ではなく、優しく抑える程度が丁度良いのだと思います。またガーゼやハンカチなどでも同じ様に拭くイメージではなくトントンとしてあげる様な感覚です。洗顔でも同じ様な事が言えるかと思います。

十分に泡立てていない状況で顔をゴシゴシと強めに洗っても汚れは落ちるでしょうが、やはり肌には刺激が強すぎまた余計な油分を取ってしまいます。この様な洗い方をすると必然的に洗顔後は突っ張った様に感じるかと思います。そこでいつもより多めの保湿剤をつける事でさらに強く擦ってしまった肌には刺激が強くなってしまうので、優しく丁寧にを心掛けて洗顔する事が大切になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です