インナードライってすごい怖いですよね・・・

インナードライってもう結構有名な言葉なんでしょうか?こないだ雑誌で知ったのですが、ものすごい怖いですよね。。いわゆる乾燥肌の症状のひとつだと思うのですが、インナーとの文字通り、肌の内部が乾燥してしまうんだそうです。

外から見たら普通の肌か、むしろ脂っぽい状態なのに、中が乾いている。こうなると当人はすごい肌に違和感を感じるそうで、いくら外から保湿してもどうにもよくならない、むしろ悪化してしまうんだそうです。

なぜなら、インナードライになる原因として、人間の防御本能がそうさせるのだそう。皮膚が乾いてくると、人間は本能的に皮脂を多く分泌して潤わそうとします。こうすることで肌の表面ばかりが脂ぎって内部はすかすかに。こうしてインナードライの肌ができてしまうんだそうです。

この恐ろしいインナードライ肌、どうやったら改善できるのでしょうか?外から表面だけをいくらぱしゃぱしゃやっても意味がなく、機能に特化したアイテムを使う必要があります。皮膚の奥深く浸透して水分を蓄えてくれるようなものがいいそうです。

たとえばオルビスのアクアフォースや、小林製薬のヒフミド、ディセンシアのつつむ、などがいいようです。ただやみくもに保湿するのではなく、カギは浸透力、そして到達力。真皮や皮下組織レベルで水分量を高めていくことが、改善のポイントのようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です